(群馬)がん緩和ケア多職種養成コース(インテンシブ)の事例検討会を開催(2016/11/12)

2016年11月12日(土)に群馬大学において、がん緩和ケア多職種養成コース(インテンシブ)主催による事例検討会が開催されました。

 

事例検討1 「身体的苦痛(疼痛)のあるがん患者」
  事例提供者  奥澤 直美 先生 (独立行政法人国立病院機構 渋川医療センター がん性疼痛看護認定看護師)                            

  ファシリテーター 京田 亜由美 先生 (緩和ケア診療所 いっぽ がん看護専門看護師)
           今井 洋子 先生 (日本赤十字社 前橋赤十字病院 がん看護専門看護師)
                         神田 清子 先生(群馬大学大学院保健学研究科 看護学 教授)
             二渡 玉江 先生(群馬大学大学院保健学研究科 看護学 教授)

事例検討2 「精神症状のあるがん患者」
  事例提供者  角田 明美 先生 (群馬大学医学部附属病院 がん看護専門看護師)
  ファシリテーター 同上4名

詳細→2016ポスター

 

 群馬県内の病院から10チーム、30名が参加し、緩和ケアに対する関心の高さが伺われた。職種は看護師、保健師、

医師、薬剤師、理学療法士、医療ソーシャルワーカー、社会福祉士など多職種の参加があった。

 事例検討1「身体的苦痛(疼痛)のあるがん患者」では、アンケート集計結果より、目標達成度は「達成できた」、「ほぼ達成できた」を合わせると100%目標達成できていた。活用度は「おおいに活用できる」「活用できる」を合わせると98%の方が活用できると感じていた。自由記載では「ひとつの事例に対して幅広い視野を持ち、アセスメントし、ケアに活かしていくことの重要性を学ぶことができた」「多職種でじっくりと事例検討する機会が普段なかなかないため、他職種ができること、視点など新たな気づきが得られた」などの意見があった。
 事例検討2「精神症状のあるがん患者」では、目標達成度は「達成できた」「ほぼ達成できた」を合わせると100%が目標達成できていた。活用度は「おおいに活用できる」「活用できる」を合わせると97%の方が活用できると感じていた。自由記載では「せん妄に対するアプローチ方法など学べてよかった」「薬物療法以外のアプローチでの話し合いができてよかった」などの意見があった。

 

 事例検討会の様子

IMG_1906 HP掲載用   IMG_1916 HP掲載用 IMG_1910 HP掲載用