肝細胞がん

 

肝細胞がんとは何か。その治療法(概論)

大河内 信弘 先生
筑波大学 医学医療系 消化器外科・臓器移植外科 教授
筑波大学附属病院副院長
(企画・準備 疾患制御医学専攻(消化器外科)松村英樹)

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれています。「肝臓がん」は「がん」による死因の第4位で、再発が多い病気と言われています。しかし、様々な治療法があり生存率は改善してきています。本コンテンツにおいて、肝臓がんの原因や治療法に関してわかりやすく説明します。

 

 

各専門医による説明

肝細胞がんの治療法~切除~

福永 潔 先生
筑波大学 医学医療系 消化器外科 講師
(企画・準備 疾患制御医学専攻(消化器外科)松村英樹)

肝臓がんに対する治療法の一つである「肝切除術」。 肝切除術の良い点は? どのような患者さんが受けることが出来るのか? 肝切除術後に気をつけることは? 本コンテンツでは、肝切除術に対する様々な疑問を解決できる内容となっています。

 

 

肝細胞がんの治療法~RFA~

荒木 眞裕 先生
茨城県立中央病院 茨城県地域がんセンター
消化器内科部長(肝・胆・膵担当)兼 内視鏡部長
(企画・準備 疾患制御医学専攻(消化器外科)黒川友博)

肝臓がんに対して、近年進歩した局所療法である『ラジオ波焼灼療法』。 本コンテンツは、医療関係者ではない方々を対象に、その概要や、治療の一連の流れ、適応や副作用、治療後の経過などについて、わかりやすくまとめた内容となっています。

 

 

肝細胞がんの治療法~TACE~

森 健作 先生
筑波大学 医学医療系 放射線診断・IVR 准教授
(企画・準備 疾患制御医学専攻(消化器外科)稲垣勇紀)

肝臓がんに対して、他の治療法と比較してより柔軟で幅広い守備範囲を特徴とする『カテーテル治療』。 本コンテンツは、医療関係者ではない一般の方々を対象に、その概要と適応、具体的な治療の流れ、副作用および治療後の経過について、理解を深めて頂くことができる内容となっています。

 

 

肝細胞がんの治療法~陽子線治療~

櫻井 英幸 先生
筑波大学 医学医療系 放射線腫瘍科 教授
(企画・準備 フロンティア医科学専攻(医学物理)小林大輔)

がん周囲にある肝臓機能を温存しながら治療ができる「陽子線治療」をご存じですか?「肝機能が低下している」、「合併症がある」、「がんの大きさが3㎝を超えている」等の理由で手術やラジオ波治療が難しい方にも成果をあげている「陽子線治療」について当センターの櫻井教授がわかりやすくご説明いたします。