胃がん

 

胃がんとは何か その治療法(概論)

溝上 裕士 先生
筑波大学附属病院 光学医療診療部 病院教授
(企画・準備 疾患制御医学専攻(消化器外科) 岩崎健一)

胃がんは日本では非常によくある病気であり、年間におよそ5万人の方が胃がんで亡くなっています。本コンテンツにおいて、胃がんがどのような病気であるのか、また胃がんの一般的な治療法などについて、わかりやすく説明します。

 

 

各専門医による説明

胃がんの治療法 ~化学療法~

遠藤 慎治 先生
筑波大学 医学医療系 消化器内科 講師
(企画・準備 疾患制御医学専攻(消化器内科) 菅谷明徳)

胃がんに対して、近年進歩し続ける「化学療法」。抗がん剤を使用した「化学療法」について、医療関係者ではない一般の方々を対象に、その概要と適応、具体的な治療の流れ、副作用について、理解を深めていただくことができる内容となっています。

 

 

胃がんの治療法 ~内視鏡治療~

奈良坂 俊明 先生
筑波大学附属病院 光学医療診療部 病院講師
(企画・準備 疾患制御医学専攻(消化器内科) 圷 大輔)

早期胃がんに対する治療法の一つである「内視鏡的粘膜下層剥離術」。どのような胃がんが内視鏡治療の適応で、実際にどのように治療を行うのか?本コンテンツでは、内視鏡治療に関してその適応、具体的な治療の流れ、偶発症について、理解を深めていただくことができる内容となっています。

 

 

胃がんの治療法 ~外科手術~

明石 義正 先生
筑波大学 医学医療系 消化器内科 講師
(企画・準備 疾患制御医学専攻(消化器外科) 岩崎健一)

手術というと多くの方は怖いイメージがあるかもしれませんが、胃がんの治療では手術が非常に重要な役割を持ちます。どんな場合に、どんな手術を行うのか、また手術のリスクや、予後などについて、わかりやすく説明します。