千葉大学

大学院医学研究院
先端化学療法学教授

<組織コーディネータ>

滝口 裕一

大学院医学研究院長

中谷 晴昭

 

 

 文部科学省事業「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」に、私たち8大学による「国際協力型がん臨床指導者養成拠点」が採択され、千葉大学もこの拠点において活躍する機会をいただきました。2007年度からの「がんプロフェッショナル養成プラン」では、千葉大学・筑波大学・埼玉医科大学・茨城県立医療大学コンソーシアムが大学院・附属病院におけるがん診療専門家育成に全力を尽くしました。お陰様で大きな成果を得ることができ、今回の採択にもつながったものと自負しております。2007年度からの「がんプロフェッショナル養成プラン」の成功、及びこの度の新規事業の採択につきましては、ご指導賜りました文部科学省をはじめとする関係各位に深く御礼申し上げると同時に、その重責を全うするために本プロジェクトの参加者全員が全力で努力してまいることをお約束致します。

 

 今回のがんプロ基盤推進プランは、これまで千葉大学が取り組んできた4大学がんプログループに加え、群馬大学・獨協医科大学・群馬県立県民健康科学大学グループ、さらに日本医科大学が参画する大規模なものとなりました。しかし重要なことは大学数が増えたことではなく、この8大学の連携により、従来の千葉大学グループ、群馬大学グループの取り組みが相補的に作用し、飛躍的に発展できる能力を持ったことです。すなわち、早期臨床試験を含む高度な臨床研究の推進を担える人材育成と研究体制の確立を目指した領域横断的基盤の確立と、これと連携したシーズ発掘から早期開発までを受け持つがん医療開発基盤の確立、そして従来から取り組んできたe-learningの充実・発展による基本的教育提供体制の確立が、今回の事業の大きな特徴となります。群馬大学と放射線医学総合研究所の重粒子線治療センター、筑波大学の陽子線治療センターが協働する高度放射線治療学の総合的教育・研究体制は間違いなく世界一のものであり、日本だけでなく世界中の学生が研修に集まり、国外からの患者治療にも貢献できるものと期待しております。千葉大学はこれまでのがんプロ事業のなかで、6つの研究領域を有する先端腫瘍治療学部門を設置し、事業推進の中心的役割を果たしました。この点は最終評価においても高く評価されました。今回のがんプロ基盤推進プランでは、千葉大学に腫瘍内科・放射線科・緩和医療科・歯科・看護・薬学の教員から構成される包括的な「臨床腫瘍学講座」を新たに設置し、領域横断的・先端的がん薬物療法の臨床・橋渡し研究の人材養成と研究体制確立に大きく前進できると期待しております。さらにこの領域横断的な「臨床腫瘍学講座」と連携したがん医療開発研究に取り組み、参加大学が共同で新規がん治療開発プロジェクトに取り組み、国際的共同研究を行う体制を5年以内に確立することを計画しております。これらの事業を通じ、一刻も早く国民を難治性がんの苦しみから解放し、国民と人類の健康と福祉に貢献できるよう努力致します。

 

 今後の当8大学グループの連携にご期待ください。

 

教育コース

コース責任者 コース実務担当者
 国際協力型 腫瘍外科学 指導者コース 松原 久裕 宮内 英聡
国際協力型 集学的臨床腫瘍学 指導者コース 滝口 裕一 岩澤 俊一郎
 国際協力型 放射線・粒子線腫瘍学 指導者コース 宇野 隆 根本 未歩
 国際協力型 包括的がん治療・ケア 医療者・指導者コース 田口 奈津子 田口 奈津子
国際協力型 高度実践看護学(がん看護)コース 眞嶋 朋子 長坂 育代
国際協力型 がん薬学研究 指導者コース 石井 伊都子 石井 伊都子
 国際協力型 がん医療開発研究 指導者コース(臨床) 滝口 裕一 岩澤 俊一郎
 がんの口腔ケアコース(インテンシブ) 椎葉 正史 椎葉 正史
 がん緩和ケア多職種養成コース(インテンシブ) 田口 奈津子 田口 奈津子
がん指導薬剤師 養成コース(インテンシブ) 石井 伊都子 石井 伊都子