日本医科大学

大学院医学研究科長
鈴木 秀典

 

 

日本医科大学 学長
<組織コーディネータ>
弦間 昭彦

 日本医科大学の文部科学省事業「がんプロフェッショナル養成基盤推進

プラン」は、筑波大学、千葉大学、群馬大学、埼玉医科大学、日本医科大学、獨協医科大学、茨城県立医療大学、群馬県立県民健康科学大学による「国際協力型 がん臨床指導者 養成拠点」として、平成24年4月より始まりました。

 

 画像診断、IVR(インターベンショナルラジオロジー)治療、低侵襲手術、疼痛制御、臨床腫瘍分野におけるトランスレーショナル研究など、本学の特色ある分野にフォーカスを当てた基礎研究または臨床実習などの経験を通じて、未来に想定されるがん診療の進歩に対応出来る指導者を育成する方針です。また、筑波大学の陽子線センターや群馬大学の重粒子線医学センターなど限定される施設でのみ可能な診療体験や薬学との研究交流、8大学連携により実現するシーズ発掘から早期開発までのがん医療開発基盤の確立を通して、分野や大学を越えた横断的な知識・技能習得を行います。

 

 日本のがん治療は世界に誇れるレベルですが、その成果を国際的に発信するためには、臨床研究を通して堅牢なエビデンスを得ることが必要です。そのために、実験計画法、統計解析、倫理指針など、がんに関する自主臨床研究を遂行するために必要な知識習得を目指します。その教材として、本プランの基盤とも言うべき e-learningクラウドによる授業互換教育システムの導入、整備に取り掛かかっています。“プログラムジュークボックス”は、大学連携のメリットを活用した教育プランであり、他大学との連携により、学位取得とともに、将来の指導者に必要な知識取得の効率化と講義内容の充実を可能にします。

 

 日本医科大学は、国際協力型 がん医療開発研究 指導者コースを始めとし、多くの特色あるテーマをプログラムに加えています。(1)疼痛制御、神経薬理研究を基礎とし、定評のある薬剤部、緩和ケアチームとの連携を通じての研究教育、(2)膵癌、前立腺癌をはじめとする低侵襲手術のリーダーが参加する新たな治療技術開発を通じた養成プラン、(3)核種に限定されないPET施設、独創的閉鎖還流IVRなどの研究、(4)多く在籍する臨床腫瘍医による世界への発信を目的とした臨床研究、(5)基礎から臨床分野の研究者が参加大学と有機的に結びついた研究組織による診断・治療技術開発、(6)特にアジア地域での国際貢献を目的とし多くの提携校との研究交流、などが特色です。

 

 本学は平成24年度から、新たに大学院分野を増設し、教育・研究・診療を一層充実させ、大学院研究体制を整備しました。真に学術に裏づけされ、包括的ながん医療の指導者の育成を行って、参加大学とともに新規がん治療開発に取り組み、研究成果の世界への発信、国際共同研究体制の確立を行い、がんに苦しむ患者に福音をもたらすよう努力いたします。その結果、大学の大きな社会的使命を果たして参りたいと考えております。

 

 

教育コース

コース責任者 コース実務担当者
 国際協力型 腫瘍外科学 指導者コース 内田 英二 松谷  毅
 国際協力型 集学的臨床腫瘍学 指導者コース 弦間 昭彦 清家 正博
 国際協力型 放射線・粒子線腫瘍学 指導者コース 汲田 伸一郎 栗林 茂彦
 国際協力型 包括的がん治療・ケア 医療者・指導者コース 坂本 篤裕 鈴木 規仁
 国際協力型 がん薬学研究 指導者コース 近藤 幸尋 久保田 馨
国際協力型 がん医療開発研究 指導者コース(臨床) 弦間 昭彦 清家 正博
 国際協力型 がん医療開発研究 指導者コース(基礎) 弦間 昭彦 清家 正博
 がん指導薬剤師 養成コース(インテンシブ) 鈴木 秀典 久保田 馨