獨協医科大学

内科学(循環器・腎臓)教授

<組織コーディネータ>

石光 俊彦

獨協医科大学 学長

稲葉 憲之

 

 平成24年度大学改革推進等補助金「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」に筑波大学、千葉大学、群馬大学、埼玉医科大学、日本医科大学、茨城県立医療大学、群馬県立県民健康科学大学、獨協医科大学の8大学連携による「国際協力型がん臨床指導者養成拠点」が選定されました。本学は、平成19年度から平成23年度までは、群馬大学を中心とした「北関東域連携がん先進医療人材養成プラン」に参加しておりましたが、新たにがん専門医育成プランに携わることになり、がん対策の一翼を担いたいと存じます。

 

 さて、平成18年に「がん対策基本法」が制定され、本邦では、がんの克服を目指しているわけでありますが、グローバル化が急速に進む医療に向けて、質の高いがん専門医等を養成し得ることが求められている状況であり、本プログラムにより各大学のそれぞれの強みを融合させることにより、それぞれの人的・教育資源を共有しながら、今後のがん医療を担う医療人の養成推進を図ることが期待されます。

 

 本学においては、「国際協力型腫瘍外科学指導者コース」、「国際協力型集学的臨床腫瘍学指導者コース」において大学院生の教育を担当いたします。各専攻分野に所属しながらがんプロの指導者養成コースを選択することになり、個人の負担は増大することになりますが、他の領域のがん医療についても学ぶことにより、領域に縛られないがんの専門医を育成します。

 

 また、「がんの口腔ケアコース(インテンシブ)」では、医師・歯科医師・看護師・歯科衛生士等を対象として、口腔ケアを科学的に理解し、計画・指導・実践できる人材を育成いたします。

なお、各コースを履修するにあたり、e-learningのコンテンツを利用することになります。他大学の専門家による講義を各自の都合に合わせ受講できるシステムは、学ぼうとする意欲のある者にとっては最良のツールのーつとなることでしょう。本学は、参加して間もないことから“プログラムジュークボックス”への登録はまだ限られたものしか登録されていませんが、徐々に充足させていくところであります。

 

 最後になりますが、今般筑波大学を中心とした8大学連携のもと、国際的視野を備えたがん医療に関するリーダーの養成の一翼を担うことができることは、大変光栄であり、グローバルな視点で社会貢献につながることを祈願して挨拶にかえさせていただきます。

 

教育コース

コース責任者 コース実務担当者
 国際協力型 腫瘍外科学 指導者コース 加藤 広行 加藤 広行
 国際協力型 集学的臨床腫瘍学 指導者コース 石井 芳樹 石井 芳樹
がんの口腔ケアコース(インテンシブ) 川又 均 木内 誠