群馬県立県民健康科学大学

診療技術学分野 教授
<組織コーディネータ>
佐々木 浩二

群馬県立県民健康科学大学 学長
高田 邦昭

 平成24年度、文部科学省の大学改革推進等補助金事業である「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」が始まり、筑波大学を中心として、千葉大学、群馬大学、埼玉医科大学、日本医科大学、獨協医科大学、茨城県立医療大学に本学も参画し、8大学連携により「国際協力型がん臨床指導者養成拠点」に取り組むこととなりました。

 

 筑波大学をリーダー校とした「国際協力型 先端医療医学物理学 指導者コース」が開始されました。本コースにおいて本学は、群馬大学と茨城県立医療大学とともに活動させていただきます。

 

 がんの放射線治療においては、多くの専門医、看護師、薬剤師、及び放射園技術系(医学物理士、放射線治療品質管理士、放射線治療専門放射線技師)が、それぞれの役割を果たすチーム医療の最前線にあります。この中で、本コースは放射線技術系の基礎教育と継続教育を担うものです。

 

 本学の取組みは、放射線治療に関わる技術系の職にある者、あるいはこれからそれに就こうとする者の基礎教育と継続教育を、本コースの基本的考え方の中で取り組んでいきます。医学物理学の人材の適切な養成を目指すだけでなく、重点課題は安全な放射線治療の実践、安全文化の構築にあると考えております。

 

 これらのことを実施していくためには、筑波大学で構築しているe-learningのresource作成だけでなく、すでに放射線治療に関わる技術系の職にある者への講習、研修活動が必要となります。これらの活動により、放射線治療専門放射線技師を目指す方々を念頭においた活動を考えております。

 

 これまでのがんプロ活動の経験を踏まえ、放射線治療に関わる技術系全体を見通した総合的な展開となることを祈念しております。

 

教育コース

コース責任者 コース実務担当者
 国際協力型 先端医療医学物理学 指導者コース 佐々木 浩二 大野 由美子
 実践型粒子線治療人材養成コース(インテンシブ) 佐々木 浩二 大野 由美子