埼玉医科大学

国際医療センター副院長
包括的がんセンター・センター長
<組織コーディネータ>
佐伯 俊昭

埼玉医科大学 学長
別所 正美

 

 

 

 多職種がん専門家の効率よい育成を目的とした「がんプロフェショナル養成プラン(1期)」は、育成システムの改善によって、大きな成果をあげて終了することができました。その成果をもとに、平成24年度から新たに「がんプロフェショナル養成基盤推進プラン(2期)」が始まることとなりました。

 

 埼玉医科大学は、1期において、千葉大学、筑波大学、茨城県立医療大学と共に「関東広域多職種がん専門家チ-ム養成拠点」として、さまざまな課題に取り組みながら多くのがん専門医を育成して参りました。本年度より始まる2期においては、さらに群馬大学、日本医科大学、獨協医科大学、群馬県立県民健康科学大学を加えた8大学の連携による「国際協力型がん臨床指導者養成拠点」として、グロ-バル化が急速に進むがん医療において、その中心となる国際的指導者・人材の育成と、教育・研究基盤の整備に向け、その一翼を担いたいと考えております。

 

 本学は、地域医療に貢献できる「すぐれた臨床医の育成」を建学の理念として開設され、国際水準の医療を実践し、指導的役割を果たせる、リサ-チマインドを身につけた医療人を養成することを教育目標としております。そのための教育環境の整備にも努めており、がん、心疾患、救急医療に特化した“center of excellence”の役割を担う国際医療センターを始めとした計2,400床を有する3附属病院(大学病院、総合医療センタ-)を中心に、教育・研究・診療に活発な活動を展開しております。特に国際医療センター包括的がんセンターでは、婦人科腫瘍を筆頭に各種がんの手術件数が国内ランキングの上位を占めており、豊富な症例を背景に、がん専門医療人の育成には最適な場を提供できるものと考えております。また、医師養成にとどまらず、保健医療学部を中心に看護師、臨床検査技師、臨床工学技士、理学療法士などの養成にも注力しており、さらに保健医療学部の大学院も新設し、幅広く、より専門性の高い医療職者の養成を目指しております。

 

 「がんプロフェショナル養成基盤推進プラン」の目標とする国際的に活躍できるがん医療の専門家の養成は、本学の教育目標と一致するものであり、本学としても下記のスタッフを中心に全学をあげて取り組んでいく所存でおります。本プロジェクトにより、多くの優れたがん医療者が輩出されますことをご期待ください。

 

 

教育コース

コース責任者 コース実務担当者
 国際協力型 腫瘍外科学 指導者コース 佐伯 俊昭 大崎 昭彦
 国際協力型 集学的臨床腫瘍学 指導者コース 畝川 芳彦 畝川 芳彦
 国際協力型 放射線・粒子線腫瘍学 指導者コース 加藤 眞吾 鹿間 直人
国際協力型 包括的がん治療・ケア 医療者・指導者コース 佐伯 俊昭 高橋 孝郎
 国際協力型 高度実践看護学(がん看護)コース 千田 みゆき 本山 仁美
 国際協力型 がん医療開発研究 指導者コース(基礎) 小林 国彦 小林 国彦
 総合がん治療医療人養成コース(インテンシブ) 佐伯 俊昭 高橋 孝郎
 がん緩和ケア多職種養成コース(インテンシブ) 本山 仁美 新井 敏子
 がん指導薬剤師 養成コース(インテンシブ) 佐伯 俊昭  藤堂 真紀