国際協力型 腫瘍外科学 指導者コース

(International Training Program for Experts in Surgical Oncology)

 

リーダー校 筑波大学
コース設置大学 千葉大学・群馬大学・埼玉医科大学・日本医科大学・獨協医科大学

 

【概要】

外科治療は国際的に見て我が国が得意とする医療分野であるにも関わらず、国際認知度が十分とは言えない。本コースで養成する人材には、中長期的に日本の腫瘍外科領域のリーダーとなり、国際的な視点を持って活動する事を期待する。

 

【対象学生】

a) 脳神経外科

b) 眼科

c) 耳鼻咽喉外科

d) 口腔外科

e) 呼吸器外科

f) 乳腺、内分泌外科

g) 消化器外科

h) 婦人科

i) 腎・泌尿器科

j) 小児外科

k) 整形外科

l) 皮膚科

 の腫瘍治療の専門的リーダーになろうとする大学院生

 

【養成方針】

自身の専門外科系腫瘍学だけに偏ることなく、広範囲の領域の座学的ながん知識をe-learningをはじめとする先進的な教育手法で修める。研究活動、博士論文作成は各所属グループ長の責任で行うが、学内の分野横断的、さらに連携8大学との研究協力を視野に入れる。また、参加大学がビデオ、術中写真をもちよって開催するカンファレンスに参加し、手術手技、治療方針の相互研鑽に励む。

 

【学生の国際活動】

本コースに属する学生には、特に国際的な活動を奨励する。

a) 国際学会での発表、参加1回(目標2回以上)/4年

b) 国際誌への発表 1編(目標3編以上)/4年

c) 短期、長期留学2ヶ月以上(目標)

また、e-learning上で視聴可能となる(現在準備中)ASCO, ESMOやその他の外国からのコンテンツを積極的に視聴する。

 

【本コース担当教員の具体的な活動】

a) 日々進歩する外科医療を学生に紹介する上でも最新の(2年毎に更新) e-learningコンテンツの作成を積極的に行う。

b) 参加6大学で調整したテーマ術式に沿った術中ビデオ、写真を持ち寄ったカンファレンス(2回/年予定)に先進的な取り組みを紹介する。

c) 諸外国の外科治療に関する講演、授業をe-learningにアップロードできる様に外国施設、学会と調整を行う。

d) 学生の国際学会への参加、留学を前向きな姿勢で支援する。

 

大学院生養成見込み・目標
大学 H24 H25 H26 H27 H28 合計
筑波 8 8 8 8 8 40
千葉 10 10 10 10 10 50
群馬 3 3 3 3 3 15
埼玉医 5 5 5 5 5 25
日本医 3 3 3 3 3 15
獨協医 1 1 1 1 1 5
合計 30 30 30 30 30 150