国際協力型 集学的臨床腫瘍学 指導者コース

(International Training Program for Readers in Multidisciplinary Oncology)

 

リーダー校 千葉大学
コース設置大学 筑波大学・群馬大学・埼玉医科大学・日本医科大学・獨協医科大学

 

【本コースのねらい】

分子標的治療薬をはじめとした新しいがん薬物療法の発達とがん患者高齢化の波の中で、臨床腫瘍医に求められる知識、技量、経験は以前に比べて飛躍的に増大した。また、がん治療の研究・開発においては近年グローバル化が急速に進んでいる。本コースでは、臨床腫瘍学を医学・歯学・薬学・看護学の広い体系の中でとらえ、全人的な治療を遂行できる人材の育成を行う。さらに、国際的な視点を持って世界に通用する高度な臨床研究の推進を担える指導者の養成と領域横断的研究体制及び、薬剤師、看護師からのCRC養成を含めた、臨床試験チームの確立を目指す。

 

【対象学生】

臨床腫瘍内科学の専門的リーダーになろうとする大学院生。専門とする臓器は特に問わない。

 

【養成方針】

広範囲な領域のがんについての知識と研究の方法論をe-learningをはじめとする先進的な教育手法で修める。様々ながん種の外来化学療法と入院治療を実践することによって、進歩が著しいがん薬物療法と集学的治療に精通し、さまざまな合併症・分子標的治療薬による多彩な副作用にも対応できるようにする。腫瘍内科学、緩和医学、腫瘍放射線学、歯学、薬学、看護学教員によるinter-, multidisciplinary 教育を行い、高齢化社会でパラダイムシフトを迎えたがん治療に対応した人材を育成する。早期及び後期臨床試験、集学的治療の臨床試験やこれらに関係したトランスレーショナル研究の実地研修をとおして、がんの生物学や臨床試験の原理を理解し、臨床試験プロトコールの作成、倫理委員会資料の作成、臨床試験の実施、国内・国際学会での発表、論文作成を行う。

 

【学生の国際活動】

本コースに属する学生には、特に国際的な活動を奨励する。a) e-learning上で視聴可能となる(現在準備中)ASCO, ESMOやその他の外国からのコンテンツの積極的な視聴、b) 国内における英語によるカンファレンスへの参加、c)国際学会での発表、参加、及びd)国際誌への発表。

 

大学院生養成見込み・目標
大学 H24 H25 H26 H27 H28 合計
千葉 2 1 1 1 2 7
筑波 1 2 1 1 1 6
群馬 1 1 2 1 1 6
埼玉医 1 1 1 1 1 5
日本医 1 1 1 2 1 6
獨協医 1 1 1 1 1 5
合計 7 7 7 7 7 35