国際協力型 放射線・粒子線腫瘍学 指導者コース

(International Training Program for Experts in Radiation Oncology)

 

リーダー校 群馬大学
コース設置大学 筑波大学・千葉大学・埼玉医科大学・日本医科大学

 

本コースの目的は、高精度放射線治療や粒子線治療を含む幅広い放射線腫瘍学の知識と技術の習得を通じて、先進的包括的がん医療を推進できる放射線治療分野の指導者を養成する。また、欧米やアジア地域の放射線治療医との交流を通じて、国際的に活躍出来る人材の育成を目指す。

 

本コースでは、以下の特色ある取り組みを行う。

 

1.専門教育の充実

e-learningの充実により、効率的で効果的な知識の習得が可能。疾患毎の放射線治療に加えて、高精度放射線治療(外部照射、小線源治療)、粒子線治療(陽子線、炭素線)、緩和的放射線治療、医師のための基礎医学物理などの講義を設ける。講義には、国際的に著名な講師も予定されている。これらの講義ならびにOn-the-job training(OJT)を通じて、放射線治療専門医に必要な知識と技術を養成する。

 

2.粒子線治療の実習が可能

国内で唯一大学に附属する陽子線(筑波大学)、炭素線(群馬大学)治療施設における実習をコース大学間で可能とし、教育機会の選択の幅を広げる。

 

3.国際性豊かな人材の育成

腫瘍学に関する国際学術会議、高精度放射線治療や粒子線治療に関する国際トレーニングコースへの参加や研究発表を通じて、国際性豊かな人材の育成をめざす。また、各大学における海外交流施設との連携セミナーにコース内の大学院生が参加することにより、知識や研究内容のブラッシュアップが期待できる。

 

大学院生養成見込み・目標
大学 H24 H25 H26 H27 H28 合計
筑波 1 1-2 1-2 1-2 1-2 5-9
千葉 1 1 1 1 1 5
群馬 1-2 1-2 1-2 1-2 1-2 5-10
埼玉医 1 1-2 1-2 1-2 1-2 5-9
日本医 2 1-2 1-2 1-2 1-2 6-10
合計 6-7 5-9 5-9 5-9 5-9 26-43