国際協力型 包括的がん治療・ケア 医療者・指導者コース

(International Training Program for Experts in Multidisciplinary Treatment of Cancer)

 

リーダー校 埼玉医科大学
コース設置大学 筑波大学・千葉大学・日本医科大学

 

【概要】

がん対策基本法の制定・施行によりがん医療における不足部分の補充や基盤整備が進んでいるが、未だトータルケアとしてのがん医療は確立されていない。がんが生きられる疾患となりつつある現在、疼痛管理や精神支持療法、退院後の社会復帰など、トータルながんケアが求められている。本コースでは、手術、薬物療法、放射線治療など、さまざまな分野のがん治療に習熟し、治療開始時からの疼痛管理、精神支持療法や経済的な助言も含めたトータルな患者ケアを実行できる医療者及びその指導者を養成する。

 

【対象学生】

がん治療を専門的に行い、国際的な視野を持った指導者や臨床現場でのリーダーとなることを目指している外科、内科、放射線科などの大学院生。

 

【養成方針】

腫瘍ボードを基本としたチーム医療に参加し、がん治療の臨床的手技・手法について横断的に教育・実習を行う。さらに、e-learning講義によって、がん治療の総合的な知識についても習得する。また、精神腫瘍学や緩和医療学に関する実習を積極的に行い、患者・家族ケアやコミュニケーションスキルなどのがんトータルケアの基礎的素養を身につける。

 

【学生の国際活動】

国際学会への参加や発表、及び海外留学を奨励する。また、e-learningや各学会が配信している海外講演などのコンテンツの視聴を通じ、グローバルなトピックスについての認識を高める。

 

【本コース担当教員の具体的な活動】

1) 主に精神腫瘍学や緩和医療学におけるe-learningコンテンツの充実。

2) 厚労省開催指針に沿った研修会の開催と学生の参加指導。

3) 研究テーマに沿った大学間合同セミナー開催。

4) 留学生の受け入れや学生の海外留学への支援。

 

大学院生養成見込み・目標
大学 H24 H25 H26 H27 H28 合計
埼玉医 2 2 2 2 2 10
筑波 1 1 1 1 1 5
千葉 1 1 1 1 1 5
日本医 1 1 1 1 1 5
合計 5 5 5 5 5 25