国際協力型 先端医療医学物理学 指導者コース

(International Training Program for Experts in Medical Physics)

 

リーダー校 筑波大学
コース設置大学 群馬大学・茨城県立医療大学・群馬県立県民健康科学大学

 

【概要と教育方針】

医学物理学とは、物理工学の学問的手法を医学・医療に適用して、その発展に寄与する学問である。従って、医学物理分野で活躍する人材は、物理工学の知識をはじめ、放射線治療、画像診断及び放射線防護などの幅広い知識を持つことが期待される。本コースでは “「医療を診断技術と治療技術の両面から支えるプロフェッショナルの養成」、「医学物理分野における先端的な研究開発を行う人材の養成」の2本を柱にした大学院教育”を掲げて教育に取り組む。また、将来、教育や臨床現場において指導的立場で活躍する人材はもちろん、国際的に活躍できる人材輩出を目指す。

 

【養成する人材】

医学物理士、放射線治療品質管理士、放射線治療専門放射線技師 等

 

【特徴】

(1)本コースは、陽子線(筑波大学)と重粒子線(群馬大学)を医学利用するための施設を有しており、今後日本で広まっていくことが予想される粒子線治療における人材の養成も教育目標の1つにしている。

(2)離職せずに高度な知識を学び研究を行いたい社会人にも対応したカリキュラムとなっている。

- 講義ではe-learningシステムを積極的に取り入れ、自宅あるいはオフィスでの受講が可能。
- 短期集中型の講義の実施、講義や実習を一週間のうちの1日にまとめるなど、スクーリングの回数にも配慮。

(3)本コースには、医学物理士認定機構より医学物理士教育コース認定を受けた修士課程及び博士課程を設置している大学がある。筑波大学においては、臨床研修生課程も認定を受け、医学物理士レジデントプログラムも設置している。

 

大学院生養成見込み・目標
大学 H24 H25 H26 H27 H28 合計
筑波 2 2 2 2 2 10
群馬 1 2 2 2 2 9
茨城県立 1 1 2 1 1 6
群馬県立 3 3 3 3 3 15
合計 7 8 9 8 8 40