国際協力型 がん医療開発研究 指導者コース(臨床)

(International Training Program for Clinical Experts in Translational Research)

 

リーダー校 日本医科大学
コース設置大学 千葉大学

 

【概要】

[シーズを発掘(bed to bench)し、これを「基礎」と「臨床」が協働して開発する研究]に参加し、その経験を生かして医療開発研究を世界に発信しうる人材を育成する。その際、「国際協力型 がん医療開発型研究 指導者コース(基礎)」と連携し、参加施設からシーズを発掘する。また、「国際協力型 集学的臨床腫瘍学 指導者コース」とも共同し、国際的に評価される臨床研究の行程を経験し、最終的に複数施設共同の大型プロジェクトを準備実現する。

 

【対象学生】

a) 内科系各科 b) 外科系各科 c) 放射線科 d) 緩和ケア科 e) 基礎各教室、の腫瘍分野で先進医療研究のリーダーになろうとする大学院生。

 

【養成方針】

早期臨床試験を含む、臨床研究につながるシーズ開発、多領域腫瘍分野におけるトランスレーショナル研究の遂行能力習得を目指し、参加大学の「基礎」と「臨床」が協働して開発する研究の経験を通じて、がん治療の進歩に対応出来る指導者を育成する。自主臨床研究を遂行するために必要な知識の習得とともに、次項記載の活動より世界への発信のための資質を育む。資材として、e-learningを導入し、その聴講による単位取得を可能にし、学位取得、将来の指導者に必要な知識取得の効率化と講義内容の充実を図る。

 

【学生の国際活動】

特に国際的な活動を奨励する

1) アジア圏を中心とした海外からの大学院生の募集

2) 海外研究者の招聘、セミナー等の開催

3) 英文論文、発表の仕方についての講義

4) 海外の提携大学との交流制度を利用し、教員、留学生の参加を検討

5) 放射線・粒子線腫瘍学 指導者コースと連携し、海外連携大学との研究討論会に参加する

6) 海外招待講演者の講義収録

 

【本コース担当教員の具体的な活動】

1) e-learningコンテンツの作成を積極的に行う。

2) 「国際協力型 がん医療開発型研究 指導者コース(基礎)」と連携し、参加施設からシーズを発掘する。この実現のため、研究会開催を企画する。

3) 「国際協力型 集学的臨床腫瘍学 指導者コース」とも共同し、国際的に評価される臨床研究の基盤を整備し実行に移す。

4) 学生の国際学会への参加、留学を支援する。

 

大学院生養成見込み・目標
大学 H24 H25 H26 H27 H28 合計
千葉 3 3 3 3 3 15
日本医 3 3 3 3 3 15
合計 6 6 6 6 6 30