国際協力型 がん医療開発研究 指導者コース(基礎)

(International Training Program for Experts in Basic and Translational Research)

 

リーダー校 群馬大学
コース設置大学 筑波大学・埼玉医科大学・日本医科大学

 

【概要】

基礎医学分野におけるがん医療開発研究に必要な知識・技術の習得を目指す大学院コースである。 がん医療開発研究分野において国際的な視点を持って活動するリーダーの養成を行う。

 

【対象学生】

がん創薬、個別化医療、効果増強療法、新規診断法、医療機器開発等に結びつく研究を学位のテーマとする、博士課程の大学院生を対象とする。

 

【養成方針】

必要な知識・技術を習得させ、さらに指導者としての資質を涵養する。各大学協働の開発プロジェクト等を計画し、これに参画させる。

 

【学生の国際活動】

学生の国際学会への参加を支援し、学生主導の海外での実習指導や共同研究等を促進する。また、Webカンファランスなどを利用した国際性の涵養を行う。

 

【本コースの活動】

基礎的ながん医療開発研究分野における専門的な教育研究指導は広い分野にわたるため、大学毎さらに研究室毎の独自性が尊重して活動を行う。ただし、e-learningによる共通講義の充実とその利用を図ることにより、国際協力型がん医療開発研究指導者コース(臨床)を含めた教育の統一性と履修者の水準の確保を目指す。

積極的に留学生の本コースへの受け入れを目指す。また、各大学協働の開発プロジェクト等を計画し実行すると共に、大学院生に参画させる。各大学の担当者や学位指導者を含めた指導者会議を行う。

教育内容に関しては、新たなe-learning科目としてがん医療開発科学(基礎)の開講を目指すが、本講義にはアジアにおける同領域のリーダーの講義も収録する。さらに腫瘍病理各論(仮称)の開講を検討する。また、講義・演習・実習の外国語化を促進する。修了要件に関する共通の理解のもと、実習や演習を記録し、学会や論文などの業績も記入できるe-learningシステムを目指す。

 

大学院生養成見込み・目標
大学 H24 H25 H26 H27 H28 合計
群馬 1 1-2 1-2 1-2 1-2 5-9
筑波 1 1-2 1-2 1-2 1-2 5-9
埼玉医 1-2 1-2 1-2 1-2 1-2 5-10
日本医 1-2 1-2 1-2 1-2 1-2 5-10
合計 4-6 4-8 4-8 4-8 4-8 20-38