がん緩和ケア多職種養成コース(インテンシブ)

(Multi-disciplinary Training Course in Cancer Palliative Care)

 

リーダー校 群馬大学
コース設置大学 筑波大学・千葉大学・埼玉医科大学

 

【概要】

本コースでは、緩和ケアにおけるチームアプローチを推進する人材を養成するために、各大学の特徴やe-learningなどのリソースを活用し、多職種(複数)がチームで参加することにより、課題に対して協働で取り組む短期間の教育・研修を企画し実施する。具体的には、多職種による事例検討会、チームアプローチを推進する上での課題の分析と解決方略の検討、緩和ケアチームの見学など主体的に参加できる内容とする。

 

【対象者】

1)看護師 2)医師 3)薬剤師 4)理学・作業療法士 5)栄養士 6)社会福祉士 など緩和ケアに関わる医療職種。

 

【活動方針】

共通の目的にそって各大学が企画した教育・研修コースの参加案内は、コース設置大学から発信し、自分の希望するコースが受講できるようにする。緩和ケア、チーム医療に関する基礎知識の学習にはe-learning教材を活用する。

 

研修生見込み・目標
大学 H24 H25 H26 H27 H28 合計
群馬 10 10 10 10 10 50
千葉 10 10 10 10 10 50
筑波 10 10 10 10 10 50
埼玉医 6 6 6 6 6 30
合計 36 36 36 36 36 180