実践型粒子線治療人材養成コース(インテンシブ)

(Training Program for Human Resources Development of Particle Radiation Therapy)

 

リーダー校 筑波大学
コース設置大学 群馬大学・茨城県立医療大学・群馬県立県民健康科学大学

茨城県立医療大学及び群馬県立県民健康科学大学は、それぞれ、筑波大学、群馬大学と連携授業を実施しており、サポート的な位置づけでのコース設置となる。

 

【コースの履修対象者】

医師、医学物理士、診療放射線技師

 

【履修年限】

各大学で定める履修者の能力に応じた期間

 

【概要と教育方針】

粒子線治療は、陽子線治療、重粒子線治療、中性子捕捉療法の3つに分類される。これらに関しては、X線・電子線による放射線治療とは別に特殊な知識や技術を有する必要があるが、人的配置は全国的に十分でない。本コースは、最先端医療の1つである粒子線治療を実践でき、将来、指導的立場として活躍できる「放射線腫瘍医・医学物理士・診療放射線技師」の輩出を目指す。

 

【教育の特色】

粒子線治療における専門知識をe-learningを主とする先進的な教育手法で修めさせる。また、粒子線治療を専門とする放射線腫瘍医及び医学物理教員の指導のもと、実地研修により臨床技術を習得させる。

 

【履修プログラムと修了要件】

e-learningによる多職種共通科目及び専門科目(放射線腫瘍学・医学物理学)、実習、演習からなる履修プログラムを用意している。e-learningによる講義を履修し、必要な臨床技術を受け、症例経験を積んだ後、実技試験と口頭試問に合格することが修了要件となる。

 

研修生見込み・目標
大学 H24 H25 H26 H27 H28 合計
筑波 1 0 1 0 1 3
群馬 0 1 0 1 0 2
合計 1 1 1 1 1 5