実地がん医療従事者のための最新知識習得コース

履修証明制度とは、社会人等の学生以外の者に対し多様なニーズに応じた体系的な教育、学習機会を拡充し、大学院社会貢献を一層進めるために創設された制度です。
この制度は、大学の教育・研究資源を活かし、一定の教育計画の下に特別に編成された教育課程で、その過程を終了した場合には、修了した事実を称する履修証明書が授与されます。

 

このプログラムは、がん医療に関わる専門性の高い医療従事者を育成することを目的とした新たな教育プログラムです。文科省GP「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」において構築したe-learningシステムを利用しており、e-learning講義とスクーリング(カンファレンスやセミナー、実習等)を取り入れた構成となっており、実地がん医療従事者が仕事をしながらも学習しやすいように配慮しております。

 

 

<教育目標>

実地がん医療従事者が、高い専門性を発揮して高度ながん医療が実践できるようになることを目標とします。

 

<対象>

医師・看護師・薬剤師・診療放射線技師などをはじめとする医療関係者を対象とします。

(修士課程相当以上の学力を有する医療従事者が対象となります。
それ以外の医療従事者は書類審査の上、決定いたします。) 

 

履修証明プログラムの受講を希望される方は受講申請要項に従い、以下の事務局宛にご応募ください。

受講申請要項 および 申請書等について、本ページよりダウンロードにてご利用いただけます。

 

 

【実施部局】

筑波大学がんプロフェショナル養成基盤推進プラン
プログラム責任者  大河内信弘
実務担当  小田竜也

【お問い合わせ先】(申請書類送付先)

〒305-8575 茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学医学医療エリア支援室
がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン事務局
履修証明プログラム係
Tel:029-853-7316/7315
E-mail:ganpro-jimukyoku#@#un.tsukuba.ac.jp
(※「#@#」を「@」に置き換えてください。)